MENU  CLOSE 

カタログギフト通販【ハッピークローバー】/七五三の内祝い

決済方法サイトマップカートの中身を確認
内祝いカタログギフト
内祝いカタログギフトお支払い方法 内祝いカタログギフトお支払い方法
お問い合わせ
HOME トップページ FAX・メール注文 配送 会社概要 問い合わせ 相互リンク

トップページ > 七五三のお返し

七五三

七五三の祝い方 三歳・五歳・七歳は、子どもの厄年にあたる年齢といわれます。この成長の節目に、神社にお参りをして、健やかな成長を祈願するのが七五三です。

十一月十五日前後に近くの神社にお参り

三歳、五歳、七歳は子どもの厄年にあたり、子どもの成長にとって大きな節目となります。その年の十一月十五日に氏神様にお参りをし、健やかな成長と将来の幸せを祈るのが七五三です。本来は、女の子が三歳と七歳、男の子が三歳と五歳のときにお祝いします。数え年ではなく満年齢で祝うのが一般化しています。
十一月十五日に祝うのは、その日は「鬼宿日」といい、鬼が自分の家にこもっている日なので、鬼に邪魔されることなく参拝できることに由来しています。
最近はこの日の前後で、都合のよい休日などに行います。地域の氏神様や近くの神社への参拝後は、祖父母など内輪だけで祝い膳を囲むのが一般的です。
当日は参拝するだけでも十分ですが、当日神社でお祓いをしてもらう場合には、あらかじめ申し込んでおき、神社へは「御初穂料」を包みます。金額としては、3千円〜5千円くらい、高くて1万円です。(各神社で料金が決まっている場合が多いです。)

最近の服装は和洋さまざま

それぞれの年齢で定番の衣装がありますが、レンタルの晴れ着を利用したり、これを機会に入園・入学式にも着られる洋装を新調するなど和洋さまざまです。

お返しをするときは

お祝いの有無にかかわらず、子どもが普段お世話になっている人には、当日の写真を添えたお礼状を出したり、千歳飴や赤飯を配ったりします。
少し高額のお祝いをいただいた場合は、カタログギフトなどでお返しをしてもよいでしょう。その際は、紅白蝶結びの水引きに「内祝」とし、子供の名前で贈ります。

七五三のお祝いの名称

三歳 髪置き 男女とも三歳から髪を延ばし始めたことから
五歳 袴着 男児が初めて袴を身に着けることから
七歳 帯び解き 女児が帯を使い始めることから

七五三 Q&A

七五三の服装は和服でないとだめなんでしょうか?

洋装でも和装でも構いません。和服は小さい子供にとっては窮屈ですし、入園式や入学式にも利用できる洋装を選ぶケースも多いです。女の子の場合は、3歳時は洋装、記憶に残る7歳時に晴れ着を着せるというパターンも多いようです。

早生まれの子はいつすればいいの?

七五三は昔は「数え年」でしたが、今は満年齢が一般的です。ただし、早生まれの子は1年早くなります。7歳のお祝いであれば、満年齢で「6歳」で行います。

七五三の内祝いの挨拶状

あなたのお気持ちをお伝えするご挨拶状を無料にてご用意しています。
用途に合ったご挨拶状をカタログギフトにお付けします。

お礼・内祝いの挨拶状

お礼・内祝いのご挨拶状 文面

この度は誠に結構なお心づかいをいただきまして、
本当にありがとうございました。
ささやかではございますが、お礼のしるしに心ばかりの品を、
お贈りさせて頂きます。ご笑納頂ければ幸いです。
簡単ではございますが、まずはお礼かたがた ごあいさつ申し上げます。

⇒お礼・内祝用の挨拶状 拡大

お礼(一般)の挨拶状

お礼(一般)のご挨拶状 文面

時下ますますご健勝のことと お喜び申し上げます。
平素は格別のご高配にあずかり、 心より感謝いたします。
ささやかではこざいますが、お礼のしるしに心ばかりの品を、
お贈りさせて頂きます。 ご笑納頂ければ幸いです。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

⇒お礼(ビジネス)の挨拶状 拡大


即日発送について
送料について
メッセージカード ラッピング のし

お買い物情報
ページトップへ