MENU  CLOSE 

内祝いカタログギフトの販売店。結婚式〜当日のマナー

決済方法サイトマップカートの中身を確認
内祝いカタログギフト
内祝いカタログギフトお支払い方法 内祝いカタログギフトお支払い方法
お問い合わせ
HOME トップページ FAX・メール注文 配送 会社概要 問い合わせ 相互リンク

トップページ > 結婚式当日の心構え

結婚式直前〜当日の心構え

いよいよ結婚式が当日に迫りました。
最終的な打ち合わせをし、連絡事項などを頭に入れ、
当日のトラブルを防ぎましょう。

納入品の確認を


結婚式の直前になってまずすべきことは、式場の担当者や手配した外部のスタッフ、受付係などをお願いした友人などとの最終的な打ち合わせ、当日の段取りをもう一度確認し、どのような役割分担になっているか、忘れ物はないかなどの確認をしましょう。

美容面も最終チェック


ビューティケアでも最後の仕上げを。ヘアカットやパーマなどは2週間くらい前には済ませて起きます。この時期、疲れもあって肌が敏感になっていることもあります。肌のコンディション作りのためにも、ゆっくり眠って体調を整えておきたいものです。

両親とゆっくり過ごす。


前日の夜は、できれば両親と一緒に、ゆっくり食事をして過ごすとよいでしょう。
 

持ち物チェック〜リストで確認


結婚式に自分たちで持っていかなければならないものもあります。リストアップしておきましょう。前日に確認したあと持っていける状態にし、余裕があれば当日の朝、もう一度確認を。

衣装小物を忘れずに

   
持ち物は大きめのバッグに入れ、そのまま持っていけばいい状態にしておきます。
指輪や手袋などの衣装小物は、式場へ搬入されるものと自分で持っていくものを確認し、ポーチなどに小分けにしておきます。忘れがちなのが新郎の小物。小物は新婦任せにせず、自分で管理するとよいでしょう。

早めに会場に入る

   
当日は早めに起きましょう。式の最中は、新婦はほとんど食事をとることができないので、朝食はきちんと食べることが大切。ただし、トイレに行く機会が少ないので水分は控えめにしておきます。
荷物の最終確認後、両親にあいさつをしてから出発します。車を使う場合は交通渋滞を考慮して、挙式の2〜3時間前に会場に着くように出発しましょう。
準備が整い、媒酌人にあいさつを済ませたあと、控え室で親族らにあいさつします。その際、媒酌人を紹介します。    

終了後は忘れものに注意

   
式が終わると、両家が一堂に会して親族を紹介し、そのあと、親族の記念撮影を行います。新郎新婦二人の写真を撮る場合も、この前後に行われます。
披露宴終了後は媒酌人にお礼のあいさつをし、謝礼を当日渡す場合は、ここで渡します。このほか主賓やスタッフにも、車代や心づけを忘れずに。追加料金の精算を済ませたら、二次会へ向かいます。          

即日発送について
送料について
メッセージカード ラッピング のし

お買い物情報
ページトップへ