MENU  CLOSE 

内祝いカタログギフトの販売店。初誕生祝いまでのお祝い

決済方法サイトマップカートの中身を確認
内祝いカタログギフト
内祝いカタログギフトお支払い方法 内祝いカタログギフトお支払い方法
お問い合わせ
HOME トップページ FAX・メール注文 配送 会社概要 問い合わせ 相互リンク

トップページ > お七夜・命名式

お七夜・命名式


赤ちゃんの誕生後、初めての儀式にあたります。誕生してから七日目の夜に親戚や友人・知人が集まって、赤ちゃんの無事な成長を祝いつつ、命名した名前を披露します。

お七夜の由来


お七夜は、赤ちゃんの名前を決め、すこやかな成長を祝う行事ですが、昔は出産後すぐに死亡するケースも多かったため、生後三夜、五夜、七夜、九夜と赤ちゃんが無事に育っていく姿を祝っていました。
そのなかのお七夜の儀式だけが残り、現在の形となったものです。

赤ちゃんと母親が退院して退院祝いをかねて祝う


以前は親戚縁者や仲人、名づけ親などを招いて盛大に祝ったものですが、最近では七日目にもこだわることなく、産婦の体調のよい日に、身内だけで祝い膳を囲んで、簡単に済ませるケースも増えています。
赤ちゃんと母親が退院する時期にも重なるため、退院祝いをかねてお祝いするのが一般的です。

命名にあたっては名づけ親も略式でも命名書を


名づけ親を依頼する場合でも、最近では両親が前もっていくつか候補を考えておき、そのなかからえらんでもらったり、反対に名づけ親から候補を出してもらって両親が最終的に決めることが多くなっています。
命名披露をする場合は、正式には奉書紙を使いますが、半紙で略式の命名書を作るとよいでしょう。神棚か床の間に飾りますが、なければ、ベビーベッドの枕元などに貼るなどしてもかまいません。

お宮参り


お宮参りとは、赤ちゃんの誕生と無事な成長をその土地の産土神に報告・感謝し、新しい氏子の一員として神様の祝福を受ける儀式です。
時期は生後一ヶ月前後を目安としますが、赤ちゃんと母親の体調がよく、天候もよい日を選びましょう。
正式なお宮参りには、父方の祖母と両親が付き添い、祖母が赤ちゃんを抱くのがしきたりになっています。昔はお産を「穢れ」と考え、その「忌明け」がすむまで、母親は赤ちゃんを抱けないというタブーがあったからです。現代ではむしろ、母親の体調をきづかうという思いやりと考えます。
また、最近では、父方の祖母が不都合であれば、母方の祖母に付き添ってもらったり、あるいは両親だけで済ませることも多くなっています。

負担軽減や授乳も考え服装は軽装が一般的


正式の服装は、赤ちゃんに白羽二重の着物を着せ、おめでたい絵柄などをあしらった紋付きの祝い着を羽織らせます。また、付き添いの祖母と母親は色留袖や訪問着の正装、父親もブラックスーツなどにします。
しかし最近では、赤ちゃんへの負担の軽減や授乳のしやすさを考慮して、赤ちゃんには外出用のベビードレスを着せ、女性もスーツやワンピースなどの洋装も多くなっています。

お食い初め


生後100日前後には歯が生え始め、離乳食に切り替わる時期です。赤ちゃんにご飯を食べさせるまねをして、食べ物に一生不自由しないように、との願いを込めます。

食べ物に困らないよう歯の生え始めを祝う。


赤ちゃんの歯が生え始めたことを祝い、一生食べ物に困らないようにと、平安時代から受け継がれている儀式です。さまざまな別名を持ち、生後百日目に祝うことから「百日(ももか)の祝い」、初めて箸を使うことから「箸ぞろえ」「箸祝い」とも呼ばれます。

養い親が食べさせるまねをするお食い初めのならわし


正式には、長寿にあやかると言う意味で、親戚の年長者や祖父母が「養い親」とう役割を務め。ひざに赤ちゃんを抱えて代わりに箸をとって食べさせるまねをします。
昔は、赤ちゃんが男の子なら男性が、女の子なら女性がこの役割を引き受けることになっていました。

正式な祝い膳は一汁三菜 小石を添える風習も

祝い膳は、鯛などの尾頭付き焼き魚、煮物、香の物、すまし汁の一汁山菜、それに赤飯です。ほかに二の膳として紅白のもちを五個用意するのが正式です。また、赤ちゃんの歯が丈夫に育つよう、「歯固め」の小石を添える風習もあります。
なお、このときに用いる漆器は母方の実家から贈るのがしきたりで、赤ちゃんのせいの家紋を入れます。

初誕生祝い

満一歳を迎える初めての誕生日は、昔から特別な意味をもっていました。すくすくと育つ子どもの成長に合わせ、何か特別な贈り物を考えてあげたいものです。

かつては盛大に祝ったが、いまはごく内輪で

日本では、生まれた年を一歳とカウントし、翌年の元旦をもって二歳を迎える「数え年」の習慣がありました。満年齢が一般化するのは昭和二十五年に法律で定められてからです。ですから昔は、個人の誕生日を祝う習慣がありませんでした。ところが、初めての誕生日だけは別格で、一升のもちをついてお祝いしました。一升は「一生」とかけて、もちは「力持ち」とかけて、一生食べ物に不自由しないで丈夫に育つようにとの願いが込められています。
しかし、かつては親戚縁者など大勢を招いて祝った初誕生も、最近では、祖父母を招く程度のごく内輪で祝うようになっています。また、もち自体も、バースデーケーキにその座をすっかり奪われたようです。

満一歳はいい記念を残したい。手形や足型がポピュラー

初誕生祝のようすは、写真やビデオで残すだけでなく、身長や体重を量り、手形や足型をとっておくと、満一歳のよい記念になります。なお、初誕生に招かれたら、お祝いの贈り物を考えましょう。また、年賀などで初めて子どもの誕生を知り、是非お祝いをしてあげたいときなどは、この機会を利用するとよいでしょう。

喜ばれるお祝い返し、カタログギフト 20%割引

  1. あなたは予算にあったコースと送る用途を選ぶだけでOK!
  2. 先様が、自分で好きなものを選べるので、喜ばれること間違いなし!
  3. 商品に、のし包装あいさつ状がセットされているので、マナー失敗しない。
  4. 先様へ直接送ってほしい場合は120円/冊(着日・時間指定不可)または525円(着日・時間指定可)で指定できます。
お礼・内祝い用のご挨拶状
あなたのお気持ちをお伝えするご挨拶状を無料にてご用意しています。
用途に合ったご挨拶状をカタログギフトにお付けします。

お礼・内祝いの挨拶状

お礼・内祝いのご挨拶状 文面

この度は誠に結構なお心づかいをいただきまして、
本当にありがとうございました。
ささやかではございますが、お礼のしるしに心ばかりの品を、
お贈りさせて頂きます。ご笑納頂ければ幸いです。
簡単ではございますが、まずはお礼かたがた ごあいさつ申し上げます。

お礼・内祝いの挨拶状 拡大

お礼(一般)の挨拶状

お礼(一般)のご挨拶状 文面

時下ますますご健勝のことと お喜び申し上げます。
平素は格別のご高配にあずかり、 心より感謝いたします。
ささやかではこざいますが、お礼のしるしに心ばかりの品を、
お贈りさせて頂きます。 ご笑納頂ければ幸いです。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

お礼(ビジネス)の挨拶状 拡大


即日発送について
送料について
メッセージカード ラッピング のし

お買い物情報
ページトップへ