MENU  CLOSE 

内祝いカタログギフトの販売店/帯祝いについて

決済方法サイトマップカートの中身を確認
内祝いカタログギフト
内祝いカタログギフトお支払い方法 内祝いカタログギフトお支払い方法
お問い合わせ
HOME トップページ FAX・メール注文 配送 会社概要 問い合わせ 相互リンク

トップページ > 帯祝い

帯祝い

帯祝いは安産祈願の儀式ですが、医学的な根拠もあります。お腹の赤ちゃんの無事な成長を祈り、母親となる心の準備を促すよい機会でもあります。

帯祝いは本来は妊娠五ヶ月の戌の日に


帯祝いとは、妊娠五ヶ月目の戌の日に、妊婦が「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻いて、安産を祈る儀式です。
戌の日に行うのは、犬が多産でお産も軽いことにあやかったもの。岩田帯には、岩のように丈夫で元気な赤ちゃんをという願いがあります。

最近では戌の日にこだわらず妊婦の体調を優先


最近では、正式な帯祝いの儀式を行うことが少なくなり、戌の日にもこだわらず妊婦の体調のよい日を選んでお祝いします。
一般的には、安産祈願の神社に参拝し、そこで岩田帯を買い求めます。参拝後は、双方の両親や身内だけが集まって祝いの食事をし、子宝を授かったことに感謝しつつ、安産腹帯をまくことはお腹を保護する役割もある。    

腹帯をまくことはお腹を保護する役割もある

   
安定期に入った五ヶ月目に腹帯を巻くことは、妊婦の体にとってもよいことです。お腹を温めて保護し、胎児の位置を安定させて発育を助ける効果もあるからです。
そのため、医師の指導のもと、妊婦の状態によっては五ヶ月以前に行うこともあります。また帯を巻くことによって、妊婦に母親としての自覚を促す心理効果もあります。

即日発送について
送料について
メッセージカード ラッピング のし

お買い物情報
ページトップへ