MENU  CLOSE 

内祝いカタログギフトの販売店。祝儀と不祝儀の基礎知識

決済方法サイトマップカートの中身を確認
内祝いカタログギフト
内祝いカタログギフトお支払い方法 内祝いカタログギフトお支払い方法
お問い合わせ
HOME トップページ FAX・メール注文 配送 会社概要 問い合わせ 相互リンク

トップページ > 祝儀と不祝儀の基礎知識

祝儀と不祝儀の基礎知識

現金を贈るときには、ぶしつけな印象を与えないために、祝儀袋や不祝儀袋を用意します。決まった形式や意味がありますから、祝儀、不祝儀のマナーを守って贈りたいものです。

祝儀袋の「のし」の本来の意味


現金を贈るときには、市販の祝儀袋や不祝儀袋を使うのが一般的になっています。表書きはもちろん、水引の結び方、「のし」をつけるつけないなど、目的に応じた使い分けをする必要があります。
ご祝儀の右上にある「のし」は、「のしあわび」がその起源で、「のばす」ところから繁栄の意味が込められています。ですから、祝い事の際には、古来よりお酒とともに贈り物の海産物として添えられる習慣がありました。このため、おめでたい慶事用の祝儀袋のみにつけ、弔事用の不祝儀袋にはつけません。
また、品物の贈り物を包む場合も基本は同じです。現在は水引やのしが印刷された略式の「のし紙」を用いる場合が多くなりましたが、正式には、水引で結び、のしを添えます。

目的・金額に応じた使い分けを


おもに、水引とのしに注意します。水引は、慶事と弔事では色も結び方も違い、同じ慶事であっても目的によって結び方が違ってきます。

慶事の場合には


結婚は、何度もあってほしくないとい願いを込めて結びきりの水引に、出産や入学など何回あってもうれしいお祝い事は蝶結びを使います。色は紅白が一般的で、金額が多いときには金銀も使われます。
   

弔事の場合には

   
仏式の葬儀・法要での水引は全て結びきり。色は黒白または双銀で、のしなしの不祝儀袋を使います。神式も仏式に準じますが、絵柄のあるものは避けます。
キリスト教では、袋に十字架やゆりの模様の入った専用の不祝儀袋を使うか、白い封筒を用意します。

病気や災害見舞いの場合には

   
病気の場合、袋の左側に赤い線が入った見舞い専用のものがあります。紅白の結びきりの水引をつける場合もありますが、のしはつけません。
災害の場合は、簡素に徹するのが礼儀で、白い封筒を使います。

渡し方の基本マナー 郵送の場合は手紙も添えて

   
渡すタイミングはとても重要です。出産や受賞などのお祝いは、知らせを受けたらできるだけ早く贈りたいものです。
また、現金にしろ贈り物の品にしろ、贈り手の心を伝えるものですから、相手に渡すまでは汚したり折れたりしないよう注意し、大切に扱う気持ちが大事。そのためにも、たとえば現金を袋に包んだら、必ずふくさに包んで持参するようにしましょう。
持参して、こちらの気持ちをじかに伝えるのが正式なマナーですが、差しさわりのある場合は郵送します。贈り主の姓名を忘れずに記し現金書留で送ります。
あいさつの言葉を書き添えた手紙も同封すると、よりていねいな渡し方になります。

最近はデザインも豊富に


袋の基本は白ですが、最近ではピンクや水色、凝ったデザインの水引も登場するようになりました。とくに結婚祝いの祝儀袋は、バリエーションも豊富になっています。
出産や入学向けなども、カラフルな色づかい、よりカジュアルなものが出回っています。
こうした袋は正式ではありませんが、親しい友人や年下の若い人へのお祝いに使うと、形式張らずに気持ちを伝えられるよさもあります。

即日発送について
送料について
メッセージカード ラッピング のし

お買い物情報
ページトップへ