MENU  CLOSE 

内祝いカタログギフトの販売店。おつきあいなどの表書きマナー

決済方法サイトマップカートの中身を確認
内祝いカタログギフト
内祝いカタログギフトお支払い方法 内祝いカタログギフトお支払い方法
お問い合わせ
HOME トップページ FAX・メール注文 配送 会社概要 問い合わせ 相互リンク

トップページ > おつきあいなどの表書きマナー

表書きのマナー

お祝い、おつきあい、お見舞いなど、贈る相手や目的に応じた気持ちの包み方があります。

お祝いの気持ちを包む


一般的なお祝いでは、紅白・蝶結びの水引に、のしつきの祝儀袋を用います。贈り主の名前はフルネームで書くのが基本。
お返しは品物が一般的ですが、水引とのしが印刷された、略式ののし紙をかけます。

お付き合いの気持ちを包む


日常のさまざまな節目における贈答は、お付き合いを深めるよい機会。金品を贈る目的をはっきりさせて気持ちを伝えましょう。

お見舞いの気持ちを包む


お見舞いには、病気や災害など不幸な出来事へのなぐさめと、陣中見舞いや楽屋見舞いなど激励の気持ちをつたえるものとがあります。
    

通夜・葬儀での表書きのマナー

   
不祝儀袋は、不幸が二度とあってほしくないという意味で「結び切り」の水引を使い、お祝い事の象徴である「のし」はつけません。
喪家側も弔問者側も、不祝儀袋にお金を包む際、故人の宗教によって表書きが異なるので気をつけます。
   

法要での表書きのマナー 宗教別の書き方に注意

   
親戚や親しい人を招いて、故人の冥福を祈り、霊をなぐさめるための儀式が法要です。仏式では、四十九日の法要以降は「御仏前」、神式の法要は霊祭といって「御玉串料」とします。キリスト教式では追悼ミサが行われ、生花を贈るのが一般的ですが、「御花料」という名目で現金を包むこともあります。
   

即日発送について
送料について
メッセージカード ラッピング のし

お買い物情報
ページトップへ